屋根塗装の手順を確認しよう|施工のかかる期間や日程もチェック!

屋根塗装を検討している時に確認した方が良いのが「実際の作業手順と施工にかかる日程や期間」です。

「素人だからよくわからないし、業者に任せておけば大丈夫だろう」と思っていると、いざ施工が始まった時に手順が違っていることに気づけないこともあります。

また、屋根塗装の施工中は外に洗濯物を干せなくなったり、音がしたりと普段と違う生活になりますし、ご近所さんへの対応も変わってくるので、基本的なことをしっかり把握しておきましょう。

屋根塗装の一般的な施工手順

1.足場の設置・養生

屋根塗装では足場を設置しないと作業ができないので、まず足場を組み立てていきます。ただ、勾配が緩く、足場がなくても塗装ができる屋根の場合は足場を設置しないこともあります。

また、塗装では養生も非常に大切です。養生は塗装をしない場所に塗料がかからないようにすることで、飛散防止ネットを張ったりマスキングテープを貼ったりして付着を未然に防ぎます。

2.高圧洗浄

次に屋根についている汚れ(土やカビ、コケ、ホコリなど)や古い塗膜を高圧洗浄で洗い流します。

汚れや塗膜をしっかり落とさないと、新たに塗る塗料がしっかり付着せずに浮いたり数年で剥がれたりしてしまう原因になるので入念にやってもらいましょう。

水が飛び散るので高圧洗浄の日は窓を開けないようにしてください。

3.下地処理・補修

屋根の下地にひび割れや欠けた部分があると塗装後に浮きや剥がれが起こりやすくなるので、下地処理や補修は入念に行ってもらう必要があります。

具体的にはシーリング材を使って隙間の補修を行ったり、棟板金などの金属で錆が酷い部分をサンダーや紙ヤスリで錆落としをしていきます。(ケレンという)

また、古い棟板金は錆落としをするよりも交換してしまった方が費用的もやすくなることもあるので、業者によっては新品と交換することを提案することもあります。

4.下塗り

下塗りではシーラーという、下地と塗料を接着させる専門の塗料(接着剤のようなもの)を屋根に塗っていきます。

下塗りが甘いと接着が弱くなるので、塗料が数年で剥がれたり浮いてくるトラブルになります。悪質な業者だと下塗りをせずにいきなり塗料を塗ることもあるので、見積もり時に下塗りがあるか確認しましょう。

※見積書には「シーラー」と書かれていることもある

5.中塗り

いよいよ屋根に仕上げの塗料を塗っていきます。塗料は2〜3回重ね塗りをすることが一般的ですので、中塗りは1回目の塗装ということになります。

下塗りが終わった後はしっかりと乾かす時間が必要なので、下塗りから中塗りまでは最低でも3時間以上は放置します。下塗りが終わった後にすぐ中塗りをしていたら注意しましょう。

6.上塗り

中塗りから2〜3時間あけてから上塗りを行います。中塗りと上塗りで使う塗料は基本的には同じです。

上塗りでは中塗りの時より光沢が出てきて、いよいよ完成に近づきます。

7.縁切り

スレート屋根などの場合は縁切りという作業が必要になります。

縁切りというのは塗装で埋まってしまった隙間を切り離す工程で、放置してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。スレートの方は縁切りがあるか事前に確認するようにしましょう。

8.足場の解体

屋根塗装が終わり、一通りチェックが済んだら足場を解体して屋根塗装の全行程が終了です。

綺麗に生まれ変わった屋根を見て、マイホームへの想いも一層強まる瞬間です^^

平均的な日程や期間は◯日!

屋根塗装の平均的な作業工程期間は10日と言われています。

一般的には屋根塗装と外壁塗装を一緒に行うことが多いと思いますが、外壁と屋根を両方合わせた場合は10日〜14日ほどかかることが多いです。

何事もなくスムーズにいけば10日間、雨や台風などの天候不良や業者の休日を挟んでしまった場合は14日間程度になる、というイメージです。

また、屋根塗装のみを依頼した場合は7日程度の期間になります。

注意して欲しいのは、屋根と外壁両方の塗装をする時に「うちなら7日以内に完了できます!」などとアピールする業者と出会った場合です。

大人数で施工するならまだ可能性はありますが、そういった具体的な根拠もなく作業日程だけが短いのであれば、ほぼ間違いなくどこかの作業工程を抜いていると勘ぐった方が良いでしょう。

10日〜14日間間も窓を開けれない生活はストレスに感じるかもしれませんが、長い目で見たらたった数日の差でトラブルにあったり余計な工事費用に使うリスクを減らせるので、多少は我慢して工事に臨みましょう。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です