屋根塗装の時期やタイミングの目安|塗り替えに適した季節も確認しよう!

屋根塗装の時期については様々な意見があります。外壁と同じで10年程度という情報もありますが、実際塗り替えに適した時期はあるのでしょうか?

今回は時期に加え、屋根塗装をする季節やタイミングについても紹介しましたので、屋根の塗り替えを検討している方は参考にしてみてください。

屋根塗装の時期は?

屋根塗装の時期については、基本的に外壁塗装と同様『10年程度』というのが一般的です。

もちろん屋根材の塗料の耐用年数によって屋根塗装の時期は変わってきますが、スレート、セメント、金属屋根は塗り替えの目安が5〜10年なので、やはり10年が目安と言えます。※日本瓦は塗り替えの必要はないです。

また、屋根塗装の時期は塗料の耐用年数によっても多少前後します。例えばシリコン塗料なら10〜15年、フッ素塗料なら15〜20年など寿命も変わってきますが、外壁と比べて屋根の方が紫外線や雨風、砂埃などのダメージを受けやすく、劣化のスピードも早いです。

外壁と同じ塗料を使っていても屋根の方が耐用年数は2年ほど短くなると考えておいた方が良いかもしれません。

こんな症状が出たら屋根塗装のタイミング!

屋根塗装の時期は10年程度と言いましたが、症状によってはタイミングが前後し、早めたり遅らせたりすることができます。

例えば、以下の劣化症状が出ている場合は10年未満だったとしても早急に塗り替えを検討した方がよいかもしれません。

・カビや藻の発生
・瓦のひび割れや反り
・棟板金の釘抜けや浮き
・瓦の滑落
・漆喰の剥がれ、劣化

一方、屋根の色あせ程度の劣化症状であればもう少し屋根塗装のタイミングを遅らせても問題ないケースが多いです。

⇒参考:屋根の劣化症状を詳しく確認しよう

屋根の塗装に適した季節は?

屋根の塗装に適した季節についても気になると思いますが、最近の塗料は品質が非常によく、オールシーズンに対応してる商品が多いです。ですので、基本的にはどの季節でも対応可能、としている業者が多いです。

ただ、オールシーズンに対応とはいえ、悪天候シーズンで屋根塗装を依頼すると工事の中断や延期で施工期間が長引く可能性もあるので、春や秋が無難です。

台風シーズンや梅雨時期、雪が降ったり0度以下になる真冬の時期以外の季節に外壁と一緒に屋根塗装を依頼すると良いですよ。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です