【クーリングオフの書き方】外壁塗装で悪徳業者に騙されてしまったら

外壁塗装の契約をクーリングオフする際の適用条件を確認し、クーリングオフが使えることがはっきりしたら、早速クーリングオフを通知しましょう。

クーリングオフの通知方法は特に決まった形式がないので、ハガキ・封筒・FAXなど、書面であれば何でも大丈夫です。ただ、後々のトラブルを避けるために必ず証拠としてコピーして保管するようにしましょう。

また、第三者(公的機関)にも郵送した記録が残っていた方が万が一言いがかりをつけられた場合にも対応しやすいので、書留や特定記録郵便を活用しましょう。

クーリングオフには内容証明郵便が一番安心!

ハガキやFAXでも良いと書きましたが、悪質な業者の場合は証拠隠滅で捨ててしまうケースもありえます。そこでおすすめなのが内容証明郵便です。

内容証明郵便は郵便局で利用できるサービスですが、自分と業者、そして郵便局の3者が書類を保有することができるので、第三者に記録を残すことができます。業者側が悪質であっても、確実な証拠として残せるので非常に大きなメリットになります。

内容証明郵便の書き方

内容証明郵便は書き方に一定のルールが設けられているので、その点だけ注意してください。書類はパソコンで作成したものでも大丈夫ですので、ワードやテキストエディタで作成し、コピー機などで印刷して郵便局に持って行きましょう。

以下が代表的なルールです。

1.字数、行数の制限:

書き方は縦書き、横書きどちらでも構いませんが、それぞれ字数・行数が制限されています。

・縦書きの場合:1行20字以内、1枚26行以内
・横書きの場合:1行20字以内、1枚26行以内
1行13字以内、1枚40行以内
1行26字以内、1枚20行以内

2.字数の計算方法:

記号は1個1字カウント、など文字以外の細かい計算方法が定められています。

3.3部作成する:

同じ謄本を自分用、業者用、郵便局用に3部作成します。

4.差出人や受取人の住所氏名の記載:

謄本には必ず差出人や受取人の住所・氏名の記載をする必要があります。

※より詳しい決まりごとは日本郵便の公式サイトをご覧ください。⇒日本郵便 内容証明の謄本の作成方法

内容証明郵便のサンプル・見本

naiyousyomeisample

(出典:実録!内容証明マニュアル運営事務局

多少の手間でも事前対応はしっかりしよう!

外壁塗装のクーリングオフをするということは精神的に非常に大きな負担になっていますよね。少しでも早くこの不安や怒りから解放されたいと思うのは当然です。

ですが、このクーリングオフの通知で詰めが甘いと、最悪の場合弁護士のお世話になって争うような泥沼にハマる可能性もあります。

内容証明郵便は確かにハガキやFAXに比べて手間だし面倒臭いかもしれませんが、大事を取って安全策でしっかり対応しておきましょう。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です