外壁をタイルに張替えたい!リフォーム費用は安い?高い?

「次の外壁リフォームではタイルもありかな。でも、タイルに張り替える費用って高そうだよな・・。」

というわけで、今回は外壁をタイルに張り替えたいあなたの為に、

リフォーム張り替え相場や外壁をタイルにすると、実は費用も安く抑えられる可能性がある

という話をしたいと思います。

外壁タイルの張替え費用はいくら位が相場?

タイルはモルタルやサイディング材に比べて値段が高いので、リフォーム費用も高くなります。一般的な相場としては、乾式工法では1㎡当たり

  • 下地パネル:5,000円程度
  • タイル本体:8,000円〜30,000円程度
となっています。

つまり合計で1㎡当たり13,000円〜35,000円程度となります。外壁塗装の約6〜7倍、サイディングの約3〜6倍の相場、というイメージですね。

また、外壁塗装をするだけなら平均的な合計金額は100万円程度になることが多いですが、タイルの張替えリフォームは約300〜400万円かかることもあり、施工費用合計額でも一見割高に感じられます。

ただ、外壁塗装やリフォームを検討する場合は長期スパンで考えることが大切で、トータルコストがどれくらいかかるのか?という視点で割高かどうかは判断する必要があります。

※俗に言うライフサイクルコストというものです。

タイルの外壁リフォームは割高?

外壁タイルの耐用年数は約15年〜50年以上とも言われています。

よく言われているようなメンテナンスフリーではないのですが、定期的に高圧洗浄をしたり、必要な時にタイル間の目地の補修などを行うことで50年以上張替えがいらない素材です。

ライフサイクルコストで費用を比較すると・・

外壁リフォームをしてタイルに張替えたとして、仮に50年間持ったとしましょう。

外壁リフォームに400万円かかったとすると、1年間で割ると8万円の費用がかかっている計算ですね。

一方で、例えばサイディング外壁の場合、約10年に1度は塗装が必要になってきます。また、30〜40年に1度サイディング自体を張り替える必要があります。

この場合、50年間でかかる費用は

  • 塗装×4回=約80万円×4回=約320万円
  • 張替え×1回=約200万円
合計で520万円となり、120万円も差があることがわかります。また、サイディングの方が1年間で10.4万円の費用がかかっている計算になります。

もちろん今回はざっくりした例で計算しているので、物件によって差がほとんどない場合もあれば、もっと差が開く場合もあると思います。タイルのメンテ代も考慮すると数十万円程度の差に縮まるかもしれません。

が、長期スパンで考えると、タイルにリフォームする費用面でのメリットもある、ということがわかりますよね。

最終的にはトータル費用以上に「外壁をタイルにすることで、あなたやご家族がどの位気分がウキウキするのか?」という視点で考えると良いと思います。

外壁タイルのメリット・デメリットも踏まえて検討してみて下さいね^^

外壁タイルのメリット・デメリット|リフォーム検討時に確認すべきこと

2016.08.10

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です