サイディング外壁の色あせの原因と対処法|リフォームのタイミングは?

サイディング外壁が「半永久的にもつ建材」と謳われていたのは過去の話。実際には劣化も普通に起こり、リフォームが必要になる人も多いです。

今回はサイディング外壁に色あせ(退色)ができてしまった原因と正しい対処法を紹介していきます。色あせは必ずしも外壁塗装が必要になるわけではないので、以下読み進めながらあなたの家は塗装が必要かどうかを振り返ってみてください^^

サイディング外壁の色あせの原因

サイディング外壁の色あせの原因は主に太陽の光による紫外線で、ついで雨風によるダメージが挙げられます。塗膜という塗料の表面部分が紫外線や太陽光、熱、雨風によってダメージを受けて劣化し、色あせが起こります。

また、新築時、塗装の上塗りで塗りむらがあった時などに色あせが起こる場合があります。塗装業者の腕が悪かったり手抜き工事をやられるとこういったところに現れてきます。次に依頼する時は信頼できる業者を選びましょう。

⇒参考:信頼できる業者の探し方

色あせへの正しい対処法

サイディング外壁の色あせの対処法は基本的には上塗りでの対応です。ただ、色あせが発生している場合はシーリングの亀裂やチョーキング現象、ひび割れも起こっている可能性があるので、まずは外観をじっくり点検しましょう。

とは言え、外観はパッと見では色あせ以外特に問題なさそうでも、内部に損傷等がないかを判断できないのが外壁の難しいところです。その場合は一度専門業者に依頼して点検してもらうのが1番確実な方法です。

サイディングの色あせを放置してしまった場合、劣化が加速して防水機能が弱まっていきます。これが外壁、そして家全体の耐久性を低下させることに繋がるのです。また、外観が汚らしい状態(しかも今後もっと悪化する)なので、住んでいる人の日々の気分を害してしまうこともあります。

色あせがどうしても気になるようなら早め早めの対応を心がけて、マイホームを長持ちさせましょう。

劣化症状から考える:業者に無料相談する?しない?

サイディング外壁の色あせは劣化の症状の1つですが、必ずしも外壁塗装やリフォームが必要なわけではありません。どちらかというと、劣化の症状としてはファーストステップと言えます。

基本的に外壁塗装を検討するタイミングはチョーキング現象やひび割れ、シーリングの亀裂を発見した時です。

もちろん外観も大切なので、見栄えにこだわりたい場合は色あせの段階でも塗装の依頼をすべきですが、通常は色あせや変色に加えて他の劣化症状が出ているかどうかで判断しましょう。

⇒画期的!業者と直接やり取りしない一括見積もりとは

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です