シーリング(コーキング)劣化の原因と各症状の特徴|工事の時期も紹介!

サイディング外壁のメンテナンス時期については別の記事で紹介しましたが、実は外壁塗装の目安の1つで意外とバカにできないのがシーリング(コーキング)の劣化なのです。

サイディング外壁の塗り替え時期と合わせてシーリング工事も必要になってくるので、まずは劣化症状や原因を把握していきましょう。

シーリング劣化の原因と各症状の特徴

サイディングボード1枚1枚の繋ぎ目として使われているシーリングはサイディング材や外壁本体に大きな影響を与えやすく、ほっておくと様々な症状として現れます。

シーリングが劣化する原因は様々ありますが、主に太陽光による紫外線や熱、雨風や地震で住宅が揺れた時の負荷などが原因として挙げられます。

次にシーリングの劣化によって起こる各症状を見ていきましょう。

1.ひび割れ(クラック)・亀裂:

シーリング自体にひび割れや亀裂が走っている状態です。ひびや亀裂が入るとそこから雨が浸み込んで劣化が進んでしまいます。

水分が外壁本体に浸透してくると外壁本体がダメージを受けていき、最悪の場合は外壁を総取替えする大工事が必要になることもあります。

2.剥離(剥がれる):

シーリングが剥がれていき、最終的にはサイディングボードの間にシーリングがなくなってしまいます。(完全剥離)

この状態を放置すると雨水が侵食して雨漏りなどが起こることもあります。

3.肉やせ:

劣化によりシーリングがやせ細ってくる症状を「肉やせ」と言います。

4.破断:

ひび割れや亀裂が大きくなり、破断してしまっている状態です。
順番としては「ひび・亀裂」→「破断」→「剥離」の流れで劣化が悪化していきます。

劣化をそのままにしていたらこうなります!

サイディング外壁ではシーリングが一番劣化しやすい箇所と言えますが、あまり目立たないし、地味といえば地味ですよね。ただ、軽視して放置していると劣化したシーリングからあまん水が入り込み、以下のような状態に・・。

・サイディング外壁が反ってしまう
・住宅内にカビやサビが発生する
・住宅内が腐食する

シーリングが劣化するとサイディングボードとシーリングの間に隙間ができるので、まずここから雨水が入ってきます。すると次にサイディングパネルの内側に雨水が浸みこんでいき、住宅内部にカビやサビが発生したり、腐食したりするわけですね。

記事の冒頭で「意外とバカにできない」、と言った理由が伝わりましたでしょうか。

シーリング工事の時期は?耐用年数から考えよう!

サイディング外壁の目地に使われているシーリング、実は耐用年数は5年程度と言われています。つまり外壁よりもかなり早い時期から劣化が始まっているのです。

一般的には、5年ほど経ってからシーリングの様子見を始めて、10年を節目にシーリング工事を行う流れです。窯業系サイディングの場合は10年が塗り替えのタイミングなので、シーリング工事も一緒に行う人が多いです。

「外壁に目立ったひび割れやチョーキング現象はないけど、シーリングは結構ひび割れたりしてるな・・。」

そんな場合は様子見でもいいですが、外壁自体も見えない部分が劣化している可能性もあるので、今のうちに点検だけはしておくことをおすすめします。

⇒サイディングのメンテナンス時期と目安もチェックしよう

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です