【モルタル編】外壁塗装のひび割れを自力でDIY補修する方法

「外壁塗装にひび割れを発見!これくらいなら自分で補修できそうだ!」

今回はこのように思ったあなたの為に、モルタル外壁塗装のひび割れを自力でDIY補修する方法を紹介しました。

ただ、先にお伝えしておくと、外壁塗装のひび割れは実は内部でかなり劣化していたりと、素人ではどの程度のダメージかを判断することはできないので、いきなり自力補修はお勧めはできません。

本来は業者さんに一度点検をしてもらってみて、その結果を踏まえてDIY補修するかどうか判断するのが賢明です。⇒信頼できる業者の探し方

その点を踏まえた上で、以下のDIY補修する方法をご確認ください。

自力で補修できるひび割れの範囲

モルタル外壁塗装のひび割れは主にヘアークラック、乾燥クラック、構造クラック、縁切りクラックの4種類があります。(参考:外壁のひび割れの原因と症状4つ

この中で自力で補修できるのはひび割れの幅が0.3mm以下のもの、つまりヘアークラックのみとなります。

幅1mmを超えるひび割れは目に見えない外壁の下地や本体部分にダメージや劣化が生じている危険性もあるため、自分では補修せず業者さんに依頼するようにしましょう。

各ひび割れごとのDIY補修方法

・ヘアークラック:

幅0.3mm以下のヘアークラックの場合は外壁補修材の樹脂を塗ったり、弾性塗料を塗りこんでひび割れを埋めていきます。

ヘアークラックはひび割れの症状の中でも一番軽度なので、放置してもそこまで問題ではありません。ただ、ここから水分や二酸化炭素が入り込むことで後々の劣化につながってくるので、DIY補修をしてみたい方は丁度良いひび割れとも言えます。

・乾燥クラック:

乾燥クラックは幅が0.3〜0.7mmになったら補修をしましょう。補修方法は2つあり、1つ目の方法はひび割れ補修材のシーリング材を使い、乾燥クラックの上からウエスを使って刷り込んでいきます。

2つ目の方法は微弾性フィラーとエポキシ系充填材を使う方法です。充填材をひび割れ部分に入れこみ、微弾性フィラーを上から塗って補修していきます。

0.7mm以上のひび割れはV字カットして、プライマーを塗りこんだ後にシーリング材で埋めていくことになります。

・構造クラック、縁切りクラック:早急に業者に補修依頼を!

構造クラック、縁切りクラックの症状を発見したら外壁自体が深刻な劣化をしている可能性があります。早急に業者に点検や見積もり依頼をして、モルタル外壁の補修をしましょう。

まとめ:ヘアークラック以外はDIY補修は控えた方が無難

モルタル外壁のひび割れの中でも、ヘアークラックと乾燥クラックはDIY補修が可能な症状です。が、乾燥クラックは幅が大きいと自力での補修は難しくなってきます。

節約や個人的にやりたい、という理由で外壁塗装のDIY補修にトライする人は多いですが、いかんせん専門的な分野になるのでヘアークラック以外は専門業者に依頼する方が長い目で見た時にメリットは大きいと言えます。

自分で判断できない場合はDIY補修できるひび割れかどうかを業者に無料相談してみるのも有効ですよ。

⇒必見!優良業者の探し方

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です