遮熱塗料と断熱塗料の違いはここ!外壁塗装でどちらか迷っている方へ

遮熱塗料と断熱塗料の違いってわかりづらいですよね^^;

せっかく外壁塗装をするのなら快適な生活が送れた方がいいので、最近では遮熱塗料や断熱塗料を選ぶ人が増えてきています。

ただ、違いがわからないと選ぶに選べないですから、まずはじっくり以下の内容を読み進めて理解しておきましょう。

遮熱塗料と断熱塗料の違いは??

遮熱塗料も断熱塗料も「太陽光による温度上昇(熱上昇)を防ぐ」という点では共通しているのですが、働きが若干異なります。

遮熱塗料は太陽光を反射させる働きがあるので、日光を反射させて外壁や屋根の表面温度の上昇を防ぐことができます。室内に太陽光が入らないため、室内温度を抑える働きもあり、暑い夏場に強い塗料と言えます。

一方、断熱塗料は熱伝導率を下げて熱を伝わりにくくする働きがあり、室内に熱が伝わるのを抑えることができます。反射させる遮熱塗料と違って、断熱塗料は一定数の熱は室内に通してしまいますが、室内の熱を外に逃がさない働きもあるため、冬場は熱逃げを防ぎ、室内温度を維持しやすくなります。

簡単にまとめると、

・遮熱塗料=太陽光を反射させ、室内温度上昇を抑える(夏は涼しい)
・断熱塗料=外からの熱は弱め、室内の熱は逃がさない(夏は涼しい、冬は暖かい)

夏だけを見たら遮熱塗料の方に軍配が上がりますが、比較的一年中快適になりやすいのは断熱塗料、ということになります。

実はあまり大して差がない!?

遮熱塗料と断熱塗料の違いについては、業者さんによっても異なる意見がありました。

ある業者さんは遮熱塗料をお勧めしていて、ある業者さんは断熱塗料をお勧めしていたり。また、どちらも大して変わらない、という業者さんも存在します。

更に、断熱塗料にも反射機能があり、断熱塗料の熱を抑える働きは断熱ではなく反射機能がメインだ、という意見もありました。

もしあなたがどちらかで迷っているのであれば、複数の業者さんに違いやお勧めの理由を聞いて判断するのもアリだと思います。

あるいは、ヌリカエのような専門コンシェルジュ付きの一括見積もりサービスを活用して、合わせて相談してみるのも良いですね。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です