外壁塗装の工事費用を少しでも節約する方法|損したくない方は必見です!

決して安くない外壁塗装。どうせ依頼するなら少しでも費用を節約したいですよね。

安かろう悪かろうでは節約どころか損をするハメになるので、安請け合いする業者を選ぶことはおすすめしませんが、王道の節約方法をご紹介します。

相見積もりは節約にも効果的!

外壁塗装工事では相見積もりを取ることが節約に大きく影響します。

外壁塗装業界では相場が決まっていないので、提案する業者によって料金もバラバラです。ですので、あなたがもし1社しか見積もりを依頼していなくて、他社と比較せずにそのまま契約してしまった場合、他社よりも何十万円と余分に支払っている可能性もあるのです。

逆に、相見積もりを取れば客観的に見積もり内容を比較することができるので、費用が安い業者を選べば差額分が節約できたことになります。悪徳業者に騙されるリスクも減らせるので一石二鳥です。

⇒優良業者に安心して相見積もりが取れる画期的サービス

塗料の料金相場と耐用年数に着目する

外壁塗装を節約するには、安い塗料を使うのが一番手っ取り早く費用を抑えることができます。塗料の相場はアクリル系塗料が最も安く、ウレタン、シリコン、フッ素の順番で料金が上がっていきます。

こう見ると、アクリル塗料にすればいいのか、と思うかもしれませんが、実は長い目で見るとこれだけでは節約になっているのかは判断しづらいです。

というのも、料金が安い塗料はその分耐用年数が短いからです。

例えば、仮に耐用年数10年の塗装工事費用が100万円、耐用年数15年の塗装工事費用が130万円だとしたら、耐用年数10年の方が30年間で見た時に40万円分多く支払うことになります。節約どころか大損ですよね。

このように、外壁塗装の費用を節約したい場合は長期的スパンで料金を計算する必要があります。

【番外編】火災保険を適用させて補填する

外壁塗装の費用節約で火災保険を適用させる、という裏技もあるようです。ただ、火災保険を適用させるのには非常に難しい(しかも面倒臭い)ハードルが複数ありますので、あまり気軽に節約できる技ではありません。

例えば、火災保険を適用させるには「風災によって外壁が被害を生じた」と証明する必要があるわけですが、業者さんと保険会社の調査員が交渉するような段取りを作る、などです。

保険や金融関係の知識がある方は深く調べてみても良いとは思いますが、私を含め一般人には難しい手法ですし、個人的には相見積もりを取るだけでも十分節約になると思っているので番外編としました。

あなたが適正価格で外壁塗装の工事ができることを願っています^^

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です