シリコン塗料の特徴とメリット・デメリット|外壁塗装で一番人気の理由

シリコン塗料は現在の外壁塗装で一番人気の塗料です。最もコスパが優れている塗料と評されていますが、今回はその理由を紹介したいと思います。

まずはシリコン塗料のメリット・デメリットを確認しながら特徴を理解していきましょう。

⇒参考:ウレタン塗料とシリコン塗料を比較

シリコン塗料の特徴は?メリットとデメリットはこれ!

◯シリコン塗料のメリット:

・耐久性に優れている(耐用年数10〜13年)
・耐久性と価格のコスパが良い
・耐水性・耐汚性・耐候性に優れている
・光沢があり、つやや色あいも長持ちする
・塗る箇所によって塗料を使い分けできる
・実質的に最高グレードの塗料

シリコン塗料は耐用年数に対する価格面で非常にコスパが良く、多くの人がシリコン塗料で外壁の塗り替えを行っています。防汚染の機能も優れていて、汚れが付きづらいというメリットもあります。

また、塗料の使い分けができるので住宅環境や街並みに沿った塗装を行うことができます。これによって外観の美しさや光沢のある仕上がりを持続することが可能になってきます。

外壁塗装は美観も大切になってくるので、アクリルやウレタンよりも変色しづらいのは嬉しいところです。

◯シリコン塗料のデメリット:

・アクリルやウレタンよりも価格が高い
・弾性が低いのでひび割れ箇所への耐性が弱い
・付着性が弱く、塗装に付きにくい

シリコン塗料のデメリットでメインとなるのは価格面でしょう。シリコンは耐久性と高性能な素材から、アクリル塗料やウレタン樹脂塗料よりも価格が高くなってしまいます。

ただ、その分耐用年数が長いので、メンテナンスサイクルで費用を計算すると実はシリコン塗料が安かったりもします。

ウレタンとシリコンを徹底比較|外壁塗装の塗料で迷ったらこっち!

2016.09.09

シリコンは高品質で長持ちする塗料です!

シリコン塗料は性能も良く、寿命も長持ちする素材なのでコストパフォーマンスは非常に優れていると言えます。今の住宅を10年以内に使わなくなる場合は適していませんが、これから何十年も住む予定の方はシリコン塗料はおすすめです。

よく外壁塗装ではウレタン塗料とシリコン塗料で迷ってしまう方が多いですが、特にこだわりがないのであればシリコン塗料にした方が確実です。

また、シリコン塗料の上位にフッ素塗料があります。こちらは確かにシリコン塗料よりも高性能だし耐用年数も長いのですが、その分価格も高くなる上にまだ使用されている住宅が少ないのが現場です。

シリコンかフッ素かで迷った時は、現時点ではシリコンを選び、10〜15年後の塗り替えの時期にフッ素にするのも良いと思います。10年後ならフッ素の価格も非常にお手頃になっているでしょうからね。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です