遮熱塗料のメリット・デメリット|エコな外壁塗装の室内温度の効果は?

ガイナ塗料や着るコート塗料などでも有名な遮熱塗料。室内温度を下げる効果があると言われていることからエコな外壁塗装ができると評判です。

でも、実際に遮熱塗料は業者が謳うほどの魅力があるのでしょうか。

今回は遮熱塗料のメリット・デメリットをまとめましたので、遮熱塗料の効果や価格に対するコスパ感などを見ていきましょう。

遮熱塗料の特徴は?メリット・デメリット

◯遮熱塗料のメリット:

・耐久性に優れている(15〜20年)
・室内温度を下げる
・夏場の光熱費を抑えることができる
・防水性、低汚染性、防藻性、防カビ性に優れている
・省エネ、空調コスト削減、環境問題にも貢献
・価格もそこまで高くない(シリコンより少し高い程度)

遮熱塗料は室内温度の件が大きくアピールされていますが、耐用年数も15年と非常に長く、性能としても高いグレードの塗料です。

また、室内温度も1〜2℃は下がる効果があると言われているので、夏場は2階は非常に暑くなり、蒸し風呂のような状態になる住宅には遮熱塗料は救世主になるかもしれません。

室内温度の改善を求めている場合は屋根塗装も一緒に遮熱塗料で行うと、より効果が期待できます。

『ガイナ塗料の口コミ』でもあったように、外壁塗装で遮熱塗料にしただけで、夏場は冷房がずっと切れなかったのが、ずっとはつけなくて良い状態になった、という事例もあります。

◯遮熱塗料のデメリット:

・通常の塗料よりも料金がかかる
・外壁が汚れると遮熱効果が弱まる
・塗料の色によって遮熱効果が変わる
・保温効果や防音効果はない
・劇的な温度変化はない

遮熱塗料は特殊な性能から、通常の塗料よりも多少料金がかかります。ただ、例えば何十万円も変わることはなく、数万程度の差で済むことが多いようです。

また、紫外線を反射して室内温度を下げる性能から、外壁が汚れてしまうと反射機能が弱まり、遮熱効果も弱まってしまいます。汚れについてはこまめにメンテナンスをする必要があります。

まとめ:劇薬ではないことに注意しよう!

遮熱塗料は太陽光の紫外線を遮断する特徴から、室内温度を抑える働きがあります。特に夏場は温度が非常に高くなることから、熱気がこもりやすい住宅に住んでいる方に人気の塗料です。

ただ、実際には遮熱塗料を使ったからといって室内温度がいきなり5〜10℃も下がるとか、光熱費が半額になったとか、そういった劇的な変化は起こりません。

室内温度もあくまでも1〜2℃程度の違いとなるので、一部の業者が誇大表現を使っていたら鵜呑みにしないように注意しましょう。

とは言え夏場の1〜2℃の差は大きいですし、遮熱塗料は耐用年数も15年程度と長く、価格もシリコン塗料より少し高い程度の価格相場になっているので、夏場に苦しんでいる方は検討に価する塗料です。

検討する際は一括見積もりサービスで施工実績がある業者を紹介してもらって、しっかり相見積もりを取って比較するようにしましょう。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です