無機塗料の特徴とメリット・デメリット|外壁塗装を耐久性で検討しよう

最近では外壁塗装に無機塗料を勧めてくる業者もいますが、無機塗料はまだまだ認知度が低く、あなたも決断しづらいのではないでしょうか。

そこで今回は無機塗料の特徴やメリット・デメリットをまとめました。高額な無機塗料を採用するに価するか?コスパ的にどうか?などの判断材料にお使いください。

無機塗料の特徴は?実は100%無機物ではない

無機塗料はセラミックやケイ素などの鉱物を主成分とした塗料です。ただ、100%無機物だと外壁に張り付かず、塗料として使えないので、有機樹脂との混合で作られています。

元々外壁塗装の劣化は塗膜の有機物が紫外線によって劣化することが原因だったので、もし100%無機物で塗料を作れれば紫外線による劣化は軽減され、何十年と寿命が持つ塗料になります。

が、実際には有機樹脂塗料と混ぜるので、耐用年数も混合する有機樹脂の影響を受けやすくなります。例えばシリコン樹脂ベースの無機塗料はシリコン塗料と同じ10〜15年の耐用年数、フッ素樹脂ベースの無機塗料は15〜20年の耐用年数、などです。

無機塗料のメリット

・耐久性に優れている(15〜20年以上)
・耐候性が高い
・超低汚染性(汚れが付きづらい)
・色やツヤが長持ちする
・セルフクリーニング機能(雨が降ると汚れも流れ落ちる)
・不燃性、防藻性、防カビ性

無機塗料の最大のメリットは『耐候性の高さ』にあります。無機塗料は紫外線に強いため、劣化も抑えられて非常に長持ちすると言われています。

また、外壁に汚れが付きづらく、雨が降ると外壁の表面の汚れが勝手に流れ落ちていくなど、綺麗な外観も維持しやすいのが大きなメリットとなります。

耐用年数も無機物の配合率が高ければ20年ほど寿命が持つとも言われていて、外壁塗装の頻度が減るので長い目で見て費用を節約できたり、面倒な手間をなくすことができます。

無機塗料のデメリット

・他の塗料よりも価格が高い
・知名度が低い
・扱える業者が少ない(施工実績のある業者が少ない)
・次の塗り替えで重ね塗りしづらい
・無機塗料に未対応の下地がある
・ひび割れしやすい
・職人の腕が悪いと割高に・・

無機塗料の大きなデメリットの1つが価格です。ウレタンやシリコンと比べて非常に高額で、平均平米単価は5,000〜5,500円(㎡)と高額なフッ素塗料よりも1,000円ほど高くなっています。

耐久性には優れていますが、現状ではまだまだ経済的に余裕がある家庭しか手を伸ばせない価格かもしれません。

また、地味に注意したいのが、対応していない外壁材(下地)があること。サイディングボードやガルバリウム鋼板には無機塗料は塗ることができないので、今の住宅が無機塗料に対応した外壁材かどうかチェックが必要です。

まとめ:耐久性は魅力的だが、採用しづらい!?

無機塗料の特徴やメリット・デメリットを確認してもらいましたが、いかがだったでしょうか。

無機塗料は耐久性や超低汚染性など優れた性能もありますが、価格相場も高額だったりとネックな部分もあるのが現状です。

無機塗料は上記のデメリットの他にも、重ね塗りがしづらくなってしまったり、無機塗料の施工実績がある業者が少なかったりと、ハードルはいくつか存在します。

特に無機塗料にしなくても良いのであれば、コスパの良いシリコン塗料か、最近注目が集まっている次世代塗料のラジカル塗料を検討してみても良いかもしれませんね。

もし無機塗料にこだわるのであれば、必ずサポート付きの一括見積もりサービスを利用して、「無機塗料の施工実績のある外壁塗装業者を紹介してください」と頼むようにしましょう。

⇒サポート付き一括見積もりサービス

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です