ガイナの特徴とメリット・デメリット|外壁塗装で遮熱塗料を検討中の方へ

せっかくお金をかけて外壁塗装をするなら、少しでも住みやすい家にしたい!

ガイナはそんな人達に人気の塗料ですが、今回はガイナの特徴やメリット・デメリットを紹介したいと思います。

通常の塗料よりも高いお金を払ってガイナにする価値があるのか?
是非当ページを読み進めながら判断材料にして頂けると幸いです^^

外壁塗装にガイナはおすすめ?評判や口コミを調べてみた

2016.09.06

ガイナ塗料の特徴は?

ガイナとは日進産業が提供する断熱セラミック塗料です。平成17年にJAXAとライセンス契約を交わし、ロケットの技術を応用した最近技術を駆使して造られたそうです。

ガイナの特徴は断熱と遮熱両方の効果を持っている点で、寒さ・暑さ・騒音・結露など、様々な問題に対応してくれています。ガイナを使用して年中通して住みやすくなったとの評価も多いです。

ちなみにガイナは外壁や屋根、内装だけでなく、船舶の甲板や空港のウィングシャトル、重要文化財にも使用されるなど、外壁塗装を超えて活用されているのも大きな特徴です。

ガイナ塗料のメリット・デメリット

<メリット>

・遮熱性・断熱性に優れている
・防音・遮音効果がある
・帯電性がないため汚れが付きづらい
・高い不燃性
・防臭効果もある
・結露を抑える働きがある
・耐用年数が15年以上ある
・つや消しのマットな仕上がり
・電気代が節約できる

このようにガイナはメリットが大きい塗料と言えます。

特に遮熱性や防音、結露を抑える防露効果は口コミや評判でも効果を実感している人が多く、夏と冬が過ごしやすくなったと評価している人も多いです。

もちろんガイナを外壁塗装に使ったからといって『劇的』に夏の室内が涼しくなったり冬に暖かくなったりするわけではありませんが、エアコンを使う回数が減っている家庭が多いようです。

<デメリット>

・シリコン塗料と比較して値段が高い
・色の明るさの選べる範囲が狭い
・つやのある塗装ができない
・施工期間が長くなる(白色で約1週間、着色で約10日程度)
・施工できる業者が限られている

ガイナのデメリットはメリットよりは少ないですが、コストとデザイン性を重視している場合はネックになると思います。

ガイナの価格は一般的なシリコン塗料よりも40万円ほど高くなります。また、仕上がりも艶なししかないので、艶ありの塗料を好む人は嗜好に合わないでしょう。

また、ガイナは施工できる業者が限られていて、腕や経験がない業者に頼むと塗装が剥がれるなど後々トラブルになりかねません。ガイナ塗装に対応している業者を探すようにしましょう。

⇒ガイナを扱える優良業者を探す

長い目で見てコスパはどうか?

ガイナのメリット・デメリットを見てきましたが、判断材料として活用して頂けましたでしょうか。

ガイナはシリコン塗料よりも40万ほど高くなる分、寿命も15〜20年と長く使えますし、その間他の塗料よりも電気代の節約ができるなど、長い目で考えたらコスパ的にも悪くはない選択肢だと思います。

長く、より住みやすい住宅環境を維持したいと思っている方はガイナで外壁塗装を進めてみてはいかがでしょうか。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です