長持ちする塗料はこれ!外壁塗装工事を減らす為に耐用年数を比較してみよう

せっかく外壁塗装をするなら、少しでも長持ちする塗料を使って次回の外壁塗装までの期間を少しでも伸ばしたいですよね。

外壁塗装工事は決して安くはない費用がかかってしまうので、10年周期よりは15年周期で工事ができたらその分コストは抑えられますからね。

そこで今回は、塗料の耐用年数を調べて比較してみました。どの塗料が長持ちするか確認してみましょう!

塗料の耐用年数を比較してみよう

  • アクリル樹脂塗料(水性のみ):5〜8年
  • ウレタン樹脂塗料(水・油):7〜10年
  • シリコン樹脂塗料(水・油):10〜15年
  • フッ素樹脂塗料(油性のみ):15〜20年
  • 無機塗料(ピュアアクリル樹脂塗料):20年〜
  • Cf.次世代塗料(遮熱塗料や光触媒塗料):15〜20年

ご覧の通り、上の塗料から順番に耐用年数が増えていきますが、塗料の質が高くなる分料金は高くなっていきます。

耐用年数が短いけど安めの塗料を使って外壁塗装工事の数をこなすか?
耐用年数は長いけど少し高めの塗料を使って、塗装工事の数を減らすか?

どちらが良いかは長期的な視点でコスト比較をしてみると判断しやすくなりますので、一度ご自身で計算して調べてみると良いと思います。

水性塗料or油性塗料?大きな違いは?

塗料には水性と油性があり、単純に長持ちするかどうかだけで考えると油性塗料を使った方が長持ちする可能性が高いです。つまり、水性しかないアクリル樹脂塗料はやはり一番耐久性が弱いと言えます。

ただ、じゃあ水性を選んだらすぐに外壁塗装がボロボロになったりしてしまうのか?というとそんなことはありません。きちんと施工を行えばどちらも問題なく大切な家を守る役割を果たしてくれます。

以下にそれぞれメリット・デメリットを比較してみましたので、気になる方は確認してみてください。

◎水性塗料と油性塗料の比較:

  • 耐久性:水性<油性 (高性能の水性の場合は同じ位)
  • 価格:水性>油性 (高性能の水性の場合は同じ位)
  • 光沢:水性<油性
  • 臭い:水性>油性

長持ちするのは塗料だけの問題ではない

あなたの目的が「外壁塗装を長持ちさせたい」ということなら、単純に耐用年数の長い塗料を選べば良い、というわけではありません。

耐久性に優れた外壁塗装には、塗料の質ももちろんですが、施工自体が非常に大切になってくるからです。

例えば、耐用年数15〜20年のフッ素樹脂塗料を選んだとしても、業者さんが高圧洗浄や下地調整を手抜きで行ったり、本来3回行う塗装の回数を1〜2回に減らしたり、乾ききっていない状態で上塗りしてしまうなどの手抜き工事をしてしまったら15年持たずに劣化してしまうこともあります。

結局のところ、信頼できる、誠実な業者さんといかに巡り会えるかが一番大切なことと言えます。

⇒信頼できる業者さんの探し方

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です