外壁にカビやコケが生える原因と対策|除去する方法もチェック!

ふと外壁を見たらカビやコケが生えていたことはありませんか?

カビやコケは外壁塗装の劣化の目安とも言われていますが、今回はそもそも外壁にカビやコケが生える原因について紹介しました。また、合わせて対策も解説しているので、最後まで読み進めてもらえましたら幸いです。

外壁にカビがコケが生える原因って?

外壁にカビやコケが生える主な原因は「水分」です。

カビやコケは水分さえあればどこでも胞子を飛ばして繁殖することができるので、外壁に水分がついているとそこに繁殖していってしまいます。

よく「手入れが悪いからカビやコケが生えてしまう」と思っている方もいますが、実は手入れはあまり関係がありません。それよりも、カビやコケが繁殖しやすい水分がある状態が一番まずいのです。

特にコケは自分で光合成できるので、カビよりも外壁に生えやすい傾向にあります。また、カビは栄養分が必要ですが、塗料に含まれている有機成分がカビの栄養分になってしまうこともあるようです。

外壁に水分がつく原因は?

では、どんな時に外壁に水分がついているのか?

これはいくつかありますが、1つは外壁塗装劣化によって防水性が下がることが挙げられます。塗装が劣化してしまうと湿気が外壁に染み込んでいき、含水率が高まります。

もう1つは外壁の表面がザラザラ・デコボコしている塗料を使っている時。例えばモルタル外壁のスタッコやリシン、ジョリパットなどが挙げられますが、凹凸に雨水や湿気が残りやすく、カビやコケが繁殖しやすいと言われています。

また、ひび割れをしている箇所は水分が染み込みやすいため、カビやコケが生えやすくなるのはもちろん、ここから外壁本体の劣化が進んでいくので注意が必要です。

対策はこれ!カビやコケを除去する方法

これまで原因を見て頂きましたが、外壁にカビやコケがつかないようにするのは中々難しいことがわかったと思います。常に水分をなくすことは不可能に近いですからね^^;

予防対策としてはやはり外壁塗装をこまめに行うことです。カビやコケが生えるのは外壁塗装の劣化が理由のことも多く、劣化する前に塗装するのが最も効果的です。

とは言え、外壁塗装は決して安くはないので、外壁塗装を依頼する目安としてはカビやコケができて気になってきてからでも良いと思います。カビやコケ以外に外壁に特に問題ないようであれば、カビやコケを除去する高圧洗浄だけを業者に依頼することもできます。

⇒参考:外壁塗装を依頼する目安をまとめました

また、カビやコケを自分で除去する方法も別の記事で紹介しているので、自力でやりたい方はそちらも一度読んで頂ければと思います。

⇒自分でカビやコケを除去する方法

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です