外壁のひび割れの原因と症状4つ|こんなクラックには要注意!

外壁でひび割れを発見したら「そろそろ外壁塗装の時期かな?」と検討し始める目安になります。ただ、ひび割れの種類によってはまだ外壁塗装をしなくても良いこともありますし、逆に早急に施工を依頼した方が良いケースもあります。

そこで今回は外壁のひび割れの原因と症状を解説していきます。それぞれの症状と原因をしっかり理解した上で、あなたの物件が塗装や補修が必要かどうか判断してください。

外壁のひび割れの原因と症状4パターン

外壁のひび割れは業界では「クラック」と呼ばれていて、大きく塗膜に発生したもの(表面のみ)と外壁材にできたものが塗膜に現れたものの2種類に分けられます。

※補足:「1.ヘアークラック」は塗膜タイプ、「2〜4」は外壁材タイプ

1.ヘアークラック:

ヘアークラックは髪の毛のような細さ(幅0.3mm)のひび割れのことを言います。唯一塗膜にのみ発生するクラックでもあります。

ヘアークラックの主な原因は経年による塗膜劣化、塗装時にしっかり乾燥させずに重ね塗りした作業不備、弾性素地や塗膜の上に硬質塗膜を塗るなど、施工した時の不備が挙げられます。

2.乾燥クラック:

乾燥クラックは幅が狭く、長いひび割れのことです。モルタル壁に多い症状でもあります。主な原因は、乾燥過程で水分が蒸発して外壁で収縮が起こることが挙げられます。

よく起こりやすいのは塗装作業中、完全に乾燥する前に塗料を塗ってしまうことで外壁内に水分(湿気)が溜まった状態に乾燥過程で水分の蒸発によって外壁材が乾燥することで発生します。

モルタル壁などでよく見られるひび割れで、ひどい時だと新築から数年で乾燥クラックが見つかるケースもあります。

3.構造クラック:

構造クラックは幅も広く、長いひび割れのことです。

構造クラックの主な原因は建物の構造的な欠陥や不同沈下(傾斜して沈んでいる状態)、凍結と融解の繰り返しなどが挙げられます。

東日本大震災や熊本地震など、大きな地震が発生した時に多くの建物に生じたひび割れです。

4.縁切りクラック:

縁切りクラックは塗装の境目などに発生する、一直線のひび割れのことです。

主な原因は外壁塗装の作業を途中で中断してしまったり、部分的にやり直しをしたり、一部だけ塗装をすることが挙げられます。

塗り次ぎ面にひび割れが起こってしまっているのは縁切りクラックです。

まとめ:外壁塗装が必要になるひび割れはここから!

ひび割れは放置してしまうと後々大変なことになり兼ねないですが、根拠もなく神経質になりすぎるのも精神衛生上よくありません。

基本的に外壁塗装が必要になるのは「2.乾燥クラック」以降であり、ヘアークラック程度のひび割れであればまだそこまで不安にならなくても大丈夫です。訪問販売や飛び込み営業マンに「ひび割れができてますよ!危険ですよ!」と言われたとしても、幅が0.3mm以下だったら鵜呑みにする必要は全くないですね(笑)

もちろん、ヘアークラックを何箇所か見かけるようになったら一度点検をしてもらうことも大切だし、良心的な業者さんに依頼すれば工事が不要な時はしっかり伝えてくれますので相談くらいはしておくのも有効です。

ただ、さすがにひび割れの幅が1mm以上になっていたら補修が必要になります。その場合は早急に業者に相見積もりを取って対処しましょう。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です