知らないと損する付帯部分|外壁塗装の名脇役を侮ると後悔するかも!?

外壁塗装を調べているとちょこちょこ見かける「付帯部」「付帯部分」。業者に見積もりを依頼した経験がある方は項目にもあったと思います。

この付帯部、外壁塗装や屋根塗装ではサブ的に扱われることもありますが、実は業者の言いなりになってしまったが為に損をしている人が多い箇所なのです。

これから外壁塗装を行うあなたは是非損をしないよう、この名脇役について理解を深めておきましょう!

付帯部分の基本的な名称と役割

付帯部分というのは外壁や屋根以外の細々した箇所のことを指しています。具体的な箇所(名称)としては

雨樋(あまどい)、雨戸、戸袋、軒天井(軒天)、破風板、矢切り、鼻隠し、通気口、水切り各種、幕板、シャッターBOX、配管、

などなど、本当にたくさんの箇所があるのです。

※後ほど画像添付します

この付帯部分は外壁や屋根と比べたら完全に脇役ですが、住宅の寿命に良くも悪くも影響を与えてしまいます。定期的にケアしていれば寿命は延ばすこともできるし、劣化したまま放置していたら塗料が剥がれたり腐ったりして建物内部にも悪影響を与えます。

また、外壁や屋根をいくら綺麗に塗装したとしても、付帯部分に劣化・色あせがあると非常に目立ってせっかくの塗装が台無しになってしまいます。

メンテナンスの観点でも外観の観点でも、付帯部分のケアは大切なのです。

付帯塗装時の注意点:内訳や塗料を確認しよう!

付帯部分も塗装の劣化が起こるので、基本的には外壁塗装のタイミングで付帯塗装も行うのが一般的です。付帯部分の塗装の為だけに足場を組み立ててもらうのはコスパが悪すぎますからね^^;

業者に見積もりを依頼すると「付帯部分」という項目も記載されていると思います。もしなければしっかり確認しましょう。

・外壁や屋根と同じランク(耐用年数)の塗料を使おう!

外壁塗装をする時、業者によっては外壁と付帯部分の塗料を変える場合がありますが、最低でも必ず同じランクの塗料を使うようにしてください。

同じランクとは、例えば外壁にシリコン塗料を使うなら付帯部分もシリコン塗料を、外壁にウレタン塗料を使うなら付帯部分もウレタン塗料を、ということです。

この理由は耐用年数による外壁塗装のメンテナンスサイクルを合わせるためです。

外壁と付帯部分で耐用年数が異なる塗料を使った場合、外壁はまだ全然大丈夫なのに付帯部分がひどく劣化してしまっている(逆も然り)、という状況になってしまいます。

メンテンス時期がずれた場合は外壁の塗装時期に合わせると思うので、付帯部分は劣化した状態で放置することになります。その数年間分は付帯部分から建物にダメージが蓄積されている状態と言えます。

・塗装業者がちょろまかすポイント

この付帯塗装、一般人が疎い箇所なので塗装業者がちょろまかしやすい項目です。

よくある手口は、シリコン塗料で外壁塗装をする時に、付帯塗装だけウレタン塗料にグレードダウンして経費削減する、という方法。施工費用は安く抑えられますが、塗装時期にズレが生じるので後々面倒なことが起こりやすくなります。

このように、こちらが何も言わないと塗料のランクを下げて安い塗料を使うことがあるので、見積書を作成してもらった段階で必ず付帯部分にもアンテナを張り、疑問点や不明点は確認するようにしましょう。

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です