築10年経ったら外壁塗装は必要?築何年で塗り替えすべきか

「築10年目位が外壁塗装の塗り替え時期です!」
あなたもこんなことを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

外壁塗装の塗り替えは決して安くはないので、できれば塗り替えサイクルを長くして出費を減らしたいと思うのは当然です。でも、単純に出費を抑えたいという理由だけで先延ばしにするのは、逆に損をする可能性もあります。

そこで今回は築何年でメンテナンスすべきかをまとめてみました。

築10年目が目安と言われる理由は?

外壁塗装業者の公式サイトや、外壁塗装のまとめサイトなどで調べていると、ほとんどの記事では10年周期で塗り替えするのが理想とされています。

「本当はしなくて良いのに、売上を上げたい業者側の陰謀なんじゃないか?」

なんて疑ってしまうわけですが(笑)、これにはちゃんと理由がありました。

外壁塗装には複数の素材が使われていますが、この耐用年数(メンテナンスサイクル)が10年未満のものが多いのです。

例えば、モルタルやサイディング、ALCパネル、屋根のソレート(コロニアル)は10年、吹き抜けは6〜10年、などが目安になっています。
※塗料メーカーや外壁塗装業者が各塗料の耐用年数を公開しているケースもあります。

つまり、「外壁塗装の塗り替えは築10年が目安」というのは、素材の耐用年数に基づいて言われている、ということです。

塗り替えせずに放置したらどうなる?

「そうは言っても、別に15年位でも良いんじゃないの?10年も15年も大して変わらないし、回数が少ない方が出費も抑えられるし。」と思ったかもしれません。

ただ、残念ながら塗り替えせずに放置をしてしまった場合、10年ごとに外壁塗装をした時と比べて割高になるケースが多いそうです。

実際にあったケースでは、築10年目の塗り替えを放置して、倍の築20年目に初めて外壁塗装の塗り替えをしたら、なんと数百万円余分にかかってしまったこともあったとか。。

これは塗装の劣化が進み過ぎてしまい、余分な手間がかかってしまったことが原因ですが、外壁や屋根の構造部分まで劣化してしまうと更に余分に費用がかかってしまうこともあります。

見た目が綺麗でも安心はできない!?

外壁は私たち一般人がパッと見た程度では傷んでるかどうか判断できないケースが多いです。

「まだ綺麗だし、塗り替えは必要ないんじゃないか?」

そう考えてしまいがちですが、実は外壁の劣化が進んでしまっていることはよくあります。

代表的な症状はチョーキング現象(外壁の表面を触るとチョークの粉のようなものが付着する)ですが、チョーキング現象が生じていたらほぼ確実に塗装のタイミングです。

また、ツヤ落ちや色褪せが起こっている場合も、塗り替えした方が良い場合もあるそうなので、築10年経って外壁塗装の塗り替えが気になってきたタイミングで一度相見積もりを取ってみましょう。

信頼できる業者なら、本当に必要なければちゃんと「まだいらないです」と伝えてくれますよ!

⇒信頼できる業者の選び方とは?

一押しの外壁塗装一括見積もりサービス

役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です